【画像】小野日子の夫(旦那)と子供の年齢は?夫も外務省勤務でエリート夫婦!

  • 2021年3月3日
  • 2021年3月3日
  • 人物

山田真貴子前広報官の後任に、外務省・外務副報道官の小野日子(おの ひかりこ)さんの起用が決まりました。

小野日子(おの ひかりこ)さんはこれまで外交官として活躍していましたが、アメリカ勤務経験があり、なんとアメリカで出産も経験されています。

そしてアメリカで育児休業休暇を半年取得、日本で半年取得され、職務復帰されている女性として輝きながら職務をこなしている素晴らしい経歴のある方ですね。

また、小野日子さんは東京オリンピック・パラリンピックの広報活動もされ広報経験もあり、語学も堪能なため適任とのことですが、小野日子さんのご家族についてや夫(旦那)や子供についても気になります。

調べてみると、小野日子さんの夫(ご主人)も外務省勤務で同僚のようですね!

そこで今回は「【画像】小野日子の夫(旦那)と子供の年齢は?夫も外務省勤務でエリート夫婦!」と題しまして、

  • 【画像】小野日子の夫(旦那)と子供の年齢は?家族構成
  • 小野日子の夫も外務省勤務でエリート夫婦!
  • 小野日子の息子のエピソードは?海外勤務での苦労も!

でお送りします。

【スポンサーリンク】

【画像】小野日子の夫(旦那)と子供の年齢は?家族構成

小野日子さんの夫(旦那)も外務省勤務で外交官子供は男の子が1人いるようです。

ご主人の名前については公表されておりませんが、同期とのこと。

また小野日子さんが改姓されていることから、夫の姓は「小野」であることは分かりました。

おそらくですが、小野日子さんの夫(旦那)の名前は「小野啓一」さんという方ではないかと言われているようです…

外務省で1988年入省の同期だそうですね。

おそらくこの方が同期で「小野」姓のため、小野日子さんの夫なのではないかと思われます。

画像は以下です。


出典:東京外国語大学

小野啓一さんとは、2021年現在「外務省地球規模課題審議官」で北海道大学公共生策大学院の「公共政策学連携研究部・教育部フェロー」にも就任されているようです…

令和2年10月1日付けにて、
外務省地球規模課題審議官 小野啓一氏が公共政策学連携研究部・教育部フェローに就任しました。
小野氏には霞が関フェローとして、公共政策大学院の研究・教育事業にご協力をいただきます。

出典:北海道大学公共生策大学院


小野日子さんの生まれが1965年(55歳)のため、小野さんの夫の生まれも1965年か前後ではないでしょうか?

今後分かりましたら追記させていただきますね。

そして小野日子さんの子供については、2002年か2003年頃に生まれているようですね。

ですので、小野日子さんには間もなく成人されるくらいのお子さんがいます。

子どもの年齢は2002年生まれの場合、19歳、2003年だと18歳くらいで既に大学生かと思われます。

【スポンサーリンク】

小野日子の夫も外務省勤務でエリート夫婦!仕事ぶりや育児も!

小野日子さんは夫も外交官ですが1993年にご結婚され、パスポートの関係で改姓もされたそうです。

小野さんいわく、「外務省は女性だからどうこうという意識の極めて少ない役所」とのこと。

小野さんは外務省で働くメンバーの中でも女性の働きやすさはそこまで感じなかったのではないでしょうか…?

しかし、外務省の入省面接では「結婚や出産後も仕事を続けられますか」と尋ねられたそうですね・・・・

小野日子さんは、

「辞めない方向で努力しますが、絶対に辞めないというのは不誠実です」

答えたそう。

また、ご主人も外交官のため、夫婦でそれぞれ別の任地に赴任ということももちろん過去にあったようです。

そして過去には子供を持つことにのためらいもあったと語っています。

だからか、小野さんが「出産したのは結婚後10年ほど経ってからでした」と発言されています。

小野日子さんはアメリカ・ワシントンでの海外赴任中に出産、その後日本に帰国、本省に戻りましたが、

「当時は子どもがまだ小さく、月1ペースの海外出張は夫や実家の力を借りてなんとか両立していた

と苦労も語っています。

やはり、小さいお子さんを持ちながら夫婦で外務省勤務、海外出張・海外赴任はとても大変で夫や実家の協力がないと難しいのでしょうね。

しかし小野さんは、「苦労もあったけど多くの得難い経験をさせていただきました」と発言されていました。

【スポンサーリンク】

小野日子の息子のエピソードは?海外勤務での苦労も!

小野日子さんは子育てについてはとても悩んだ時期があったそうです。

それは、ご自身の在外勤務の件で仕事と育児の両立だけではなく、息子さんの重度の食物アレルギーもだそうです。

我が家の場合は子どもに重度の食物アレルギーがあったこともあり、日本での勤務が長くなりましたが、(以下省略)
とインタビュー記事で語っています。
しかも、育休復帰後は24時間保育の認可保育園近くの公務員宿舎に入っていたそうです。
また息子さんは、小学校へ入学後は保育園併設の民間児童にも預けられていたそうです。
当時、お子さんは毎週のように熱を出して保育園の呼び出しもとても多かったそうですが、小野さんと夫の2人で交代して早退され、実家の協力もあって乗り越えていたとのことでした。
そして、小学校時の民間児童では習い事から帰った後に夕飯まで食べさせてもらえるとのこと。
ちなみに小野さんがお子さんと利用されていたのは、「 エイビイシイ保育園、風の子クラブ」という食育にも力を入れている公立保育園で民間児童も併設したところだそうですね。
お子さんは重度のアレルギーがあり、小野さんだけでなく夫の海外赴任も出張も多く大変だったはずですが、周囲に協力しながらも働き、そのような大変な思いもされたからこそ、今でも女性として輝いているんだなと思いますね。
また、息子さんが生まれたのはアメリカ・ワシントンですが、夫が出産に立ち会ってくれたとのことです。
夫は出産に立ち会うかどうか迷っていたのですが、「日本では夫が立ち会わないことも多いんですよ」と夫が職場で言うと、「君は一体何を言っているんだ? 絶対に立ち会った方がいい!」とローカルスタッフが言ってくれて……。私が言うよりもずっと効果的でした(笑)。結果的には出産時に立ち会ってくれて、感動したと言っています。
出典:日経DUAL
また育児にも協力的で、オムツ換えもしてくれていたそうです。
2014年のインタビュー記事では、自分よりも夫の方が子供の宿題を辛抱強く見てくれていると語っています。
もしかしたら、育児に関しては夫の方がたくさんやってくれているのかも…?ということでした。
息子さんなので、お父さんともお話が合うのもあるかもしれないですが、ご主人が育児に協力的なのは良いですね。

育児に関しては夫のほうがたくさんやってくれているかもしれません。

小学校高学年くらいにもなると、アニメ番組を息子と一緒になって見るように……。ワンピースとかドラゴンボールとか。アニメ映画は、夫と息子の2人で見に行って、盛り上がっています。私はもう話についていけません(笑)。

出典:日経DUAL

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は「小野日子の夫(旦那)と子供の年齢は?夫も外務省勤務でエリート夫婦!」と題しまして、内閣広報官の後任に内定が決まった、小野日子さんのご家族(夫や子ども)についてまとめてみました。

小野日子さんの夫も外務省勤務で今でも外交官のようですね。

夫の名前については公表されていませんが、小野さんが改姓されたということなので名字は「小野」で同期ということで、人物が特定されました。

おそらくですが、小野日子さんの夫の名前は「小野啓一」さんですね。

また、お子さんについては2002年または2003年に出産されていることから、現在18~19歳くらいだと思われます。

外交官同士の夫婦ということで、海外赴任や出張で育児についてはとても大変なこともあり、また息子さんの食物アレルギーの件も思い悩んだことがあったそうですが、小野日子さんのその時の苦労や頑張りがあったからこそ今のような輝かしいお仕事もできるのだと思いました。

小野日子さんのこれからの活躍に期待しています!

ここまでお読みくださりありがとうございました。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】