山田真貴子の学歴経歴や評判は?飲み会を絶対に断らない女で違法接待の内容もまとめ!

  • 2021年2月23日
  • 2021年4月8日
  • 人物

菅正剛氏(菅義偉首相の長男)の違法接待問題がまだまだ話題です。

そして、菅首相の長男が勤める「東北新社」から新たに13人も接待を受けていたことも明らかになりました。

また、その中の1人に山田真貴子さんという方がいますが、山田真貴子さんは菅政権で女性初・内閣広報官です。

山田真貴子さんは、菅首相の会見の進行役もしており、ネットでは菅総理が困った時に見つめる相手とも言われているようですし、菅総理とは関係も深そうな人物ですよね。

山田真貴子さんは非常に有能な方ですし、出身大学や高校などの学歴や経歴についても気になります。

また、菅総理からも非常に頼りにされているようですし、評判や仕事ぶりについても気になるところ。

しかし調べるにつれ、山田真貴子さんは仕事ぶりは真面目なのに飲み会好きと発言されているという顔についても明らかになりました…

そして「飲み会を絶対に断らない女」と自身でも言われているそうですね。

そこで今回は「山田真貴子の学歴・経歴や評判は?違法接待の内容もまとめ!」と題しまして、

  • 山田真貴子の学歴・経歴は?
  • 山田真貴子の評判や仕事ぶりは?
  • 山田真貴子は飲み会好き?「飲み会を絶対に断らない女」違法接待も拒否しない?
  • 山田真貴子の違法接待の内容もまとめ!

でお送りします。

【スポンサーリンク】

山田真貴子の学歴・経歴や評判は?

山田真貴子さんの最終学歴は早稲田大学法学部卒業です。

また、出身高校については東京学芸大学付属高等学校です。

【スポンサーリンク】

山田真貴子の出身高校は?

山田真貴子さんの出身高校は、東京学芸大学付属高等学校で、偏差値は77と言われています。

そして東京学芸大学付属高等学校の偏差値は東京都内で5番目・全国では8番目と驚きの数値です!!

ちなみに山田真貴子さんの同級生には、精神科医の香山リカさんや神経科学者の大隅典子さんもいるそうですね。

主な著名人は、

  • 中田敦彦(オリエンタルラジオ)
  • 茂木健一郎
  • 平井理央
  • 千葉景子(元法務大臣)

などで、今でも活躍している優秀な方が多いです。

山田真貴子の大学は早稲田大学法学部卒業!

山田真貴子さんの出身大学は早稲田大学法学部偏差値は70です。

早稲田大学は日本の私立大学でもかなり優秀ですが、更に法学部となると早稲田大学の中でもトップレベル

 

【スポンサーリンク】

山田真貴子の経歴は?

山田真貴子さんは、早稲田大学法学部卒業後は国家公務員採用上級甲種試験に合格し、1984年4月に郵政省に入省しました。

そして郵政省入省して3年後にはなんと、イギリスに留学しています!

以下が山田真貴子さんの主な経歴です。

1984年4月 郵政省入省・通信政策局国際企画課

1987年7月 郵政省大臣官房文書課・イギリス留学(ロンドン大学)

1988年6月 郵政省放送行政局業務課国際放送係長

1990年7月 下田郵便局長

1999年7月 文部省学術国際局学術情報課学術情報基盤整備推進室長

2001年1月 文部科学省研究振興局情報課学術基盤整備室長

2001年7月 総務省総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課電気通信利用環境整備室長

2004年1月 総務省大臣官房付

2007年4月 世田谷区副区長

2007年7月 総務省総合通信基盤局国際部国際政策課長

2008年7月 総務省情報通信国際戦略局国際政策課長

2009年7月 総務省総合通信基盤局総務課長

2010年7月 総務省大臣官房会計課長・会計課予算執行調査室長

2013年11月29日 内閣総理大臣秘書官。女性初の内閣総理大臣秘書官

2015年7月31日 総務省情報通信国際戦略局長。女性初の総務省局長

2016年6月17日 総務省大臣官房長・全省庁女性初となる官房長

2017年7月11日 総務省情報流通行政局長

2019年7月5日  総務省総務審議官(国際)・女性初の総務審議官

2020年7月20日 退職・総務省顧問

2020年9月16日 総務省顧問辞職・内閣広報官・女性初の内閣広報官 (現職)

女性初のオンパレードですね!

山田真貴子のイギリス留学経験について

山田真貴子さんは、郵政省に入省して3年目の1987年7月にイギリスのロンドン大学経済大学院に留学されたそうです。

ロンドン大学はイギリス内の大学ランキングでも5位、また世界ランキングでも26位という大変優秀な大学です!

ちなみに、日本トップの東大(東京大学)は36位2位の京都大学は54位なので、くらべものになりません。

【スポンサーリンク】

山田真貴子の評判や仕事ぶりは?

山田真貴子さんの評判や仕事ぶりについてはいろいろあると思いますが、この違法接待問題が発覚するまでは悪い評判はありません。

そして以前に世田谷区の副市長をされていた際は評判が良かったという声が多数聞こえます。

「人格者で大人気だった方」という声もありました…

しかし、郵政省から世田谷区の助役・副市長まで経験したのに総務省に戻るというのは、過去には「変わったキャリア」、「奇抜な起用」とも言われていたようです。

山田真貴子さんに関しては、世田谷区の副市長までやったのだから区長になってほしいという声も過去にはあったほど、支援されていたという声もあります。

また週刊誌によれば、

「彼女が出世したのは『仕事をそつなくこなす』と評価されるほど有能ということもあります。しかも若いころはかなりかわいい顔をしていた。山田氏は男っぽくてサバサバした性格だから、女っぽい女性が苦手な菅首相に気に入られたようです。いわゆる“ジジ殺し”なんですよ」(事情通)

出典:出典:日刊ゲンダイデジタル

とのこと。

今でもとても可愛らしいお顔立ちの山田真貴子さんですが、若い頃はとてもモテたのではないでしょうか?

もちろん仕事ぶりが評価されてこそですが、見た目と違いかなりサバサバした性格だそうですし、男性社会でも戦ってきた強い一面もあるかと思います。

そして“ジジ殺し”とも言われているみたいですね…

【スポンサーリンク】

山田真貴子は飲み会好き?「飲み会を絶対に断らない女」違法接待も拒否しない?

拡散されていたツイートの中に、「山田真貴子さんは飲み会は断らない」という内容のものがありました。

そして菅義偉首相の長男・菅正剛氏の誘いも断らなかったのかという声も…

こちらは2020年6月に山田真貴子さんが大学生に向けて投稿された動画だそうですね。

山田氏は昨年6月、あるサイトで大学生に向けて「飲み会も絶対に断らない。断る人は二度と誘われません」と幸運を引き寄せるポイントを語り、「私自身、飲み会を絶対に断らない女としてやってきました」と明かしている。

出典:日刊ゲンダイデジタル

飲み会好きでも構わないが、利害関係者からの接待は断るべきだったという声が多く聞こえてきますね。

しかし菅首相から絶大なる期待を寄せられている山田真貴子さんは、菅首相の長男からの誘いは断れなかったのでしょうか…?

また、該当ツイートでは「幸運を引き寄せる力」というワード、「飲み会を絶対に断らない女」という発言がありますが、今回の接待も絶対断らないという変なこだわりも働いてしまったということなのでしょうか。

【スポンサーリンク】

山田真貴子の違法接待内容もまとめ!

山田真貴子さんは総務省によれば、総務審議官時代の2019年11月6日夜に菅首相の長男・正剛氏ら4人と会食されていたそうですね。そして1人当たりの飲食単価は約74,000円ということでもかなり話題となっております。

総務省によると、山田氏は総務審議官時代の2019年11月6日夜に、東京・虎ノ門で東北新社社長、菅氏の長男ら4人と会食。1人当たりの飲食単価は約7万4000円だった。

出典:Yahoo!ニュース

山田真貴子氏と菅正剛氏の行った7万円超えの高級料亭についてはこちら

関連記事

菅正剛(すがせいごう)氏が総務省幹部の違法接待で飲食代支払いをした店は、女子アナのミタパン(三田友梨香)の実家の料亭だそうですね!ミタパンの実家の高級料亭の名前は「玄冶店 濱田家(げんやだな はまだや)」だそうですが、実際に頼んだ料[…]

しかし山田氏の発言は、

「放送業界全体の実情に関する話はあったかもしれない。グループ会社の話題が出たかもしれない。しかし、行政をゆがめるような不適切な働きかけはなかった」と話しているという。15日の衆院予算委員会では、総務省の原邦彰官房長が「山田氏に確認したが、首相長男と会食したとの明確な記憶がないとのことだ」と答弁していた。

出典:Yahoo!ニュース

とのことで、「かもしれない」の語尾で濁しています。

しかし山田氏は「行政をゆがめるような不適切な働きかけはなかった」と言い、不適切な行為はなかったと違法接待に関する問題については否定されているようですね。

「明確な記憶がない」「かもしれない」ということで、ご本人の発言からは否定と濁しが見えます。

今回は13人のうち11人については、国家公務員倫理規定上の「利害関係者からの接待」に該当するか、その可能性が高いと認定し、懲戒処分などをする方針を固めているそうですね。

しかし山田真貴子さんに関しては、特別職の国家公務員のため処分対象からは外れているとのことです!

つまり山田真貴子さんは処分の対象外ということ!

特別職の国家公務員だからという理由だそうですが、国民は納得するのでしょうか…

そして会食当時の2019年11月は山田氏は国家公務員だったことから、当時は国家公務員倫理規程に違反していたのではないでしょうか?

(省略)…会食当時は倫理規程に違反していた可能性が高い

出典:日刊ゲンダイデジタル

また、

省内ナンバー2のときに高額接待を受けたことになる。

とも言われていますね。

【スポンサーリンク】

山田真貴子のプロフィール

最後に山田真貴子さんのプロフィールをまとめておきます!

名前:山田真貴子

生年月日:1960年9月13日

出身:東京都

現職:内閣広報官

最終学歴:早稲田大学法学部卒業

趣味:ピアノ演奏と水泳、ショパンが好き

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は「山田真貴子の学歴・経歴や評判は?飲み会を絶対に断らない女で違法接待の内容もまとめ!」と題しまして、山田真貴子さんの学歴や経歴についてまとめてみました。

山田真貴子さんの高校は東京学芸大学付属高等学校で、偏差値は77、東京都内で5番目で全国では8番目の偏差値ランキングだそうでとても優秀な高校出身でした。

また大学については早稲田大学法学部卒業、郵政省に入省してからも、優秀なイギリスロンドン大学への留学もされていたことも分かります。

また、山田真貴子さんの評判については特別悪い声はなく、評判が良い方です。

「女性初」のオンパレードですし、評判や仕事ぶりはかなり良かったのではないでしょうか?

今回の違法接待問題では山田真貴子さんは処分には該当しないそうですが、過去の「飲み会は幸運を引き寄せる」自称「飲み会を絶対に断らない女」発言が、招いたことなのでしょうか…

その後山田氏は、月給117万円のうちの約70万円を自主返納して反省する姿勢は示しました。

しかし、それだけでは国民の怒りはおさまらないでしょう…

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】