芝田璃子の英語力は?年齢やwiki風プロフ、壮絶人生についても!

  • 2021年3月7日
  • 2021年3月8日
  • 人物

ニコラスケイジさんと日本人女性の芝田璃子(しばた りこ)さんが結婚したと3月6日に分かったそうですね。

ニコラスケイジさんと芝田璃子さんは1年ほど前から交際していると言われていますが、、ニコラスケイジさんの5度目の結婚です。

また芝田璃子さんは女優なのですが、壮絶な人生でニコラスケイジさんとの馴れ初め出会いは、まさに「シンデレラストーリー」だと言われているそうですね。

芝田璃子さんとニコラスケイジさんとの出会いや馴れ初めも気になりますが、芝田璃子さんは英語は話せるのでしょうか…?

また、芝田璃子さんの壮絶な人生やプロフィール・出演作品についても気になりますよね。

そこで今回は「芝田璃子の英語力は?年齢やwiki風プロフ、壮絶人生についても!」と題しまして、

  • 芝田璃子の英語力は?
  • 芝田璃子の年齢は?wiki風プロフィール・出演作品も!
  • 芝田璃子とニコラスケイジの出会いや馴れ初めは?
  • ニコラスケイジが芝田璃子と結婚した理由はなぜ?プロポーズは?
  • 芝田璃子の壮絶人生とは?

でお送りします。

【スポンサーリンク】

芝田璃子の英語力は?

芝田璃子さんの英語力が気になります。

あくまで予想ですが、芝田璃子さんの英語力はめちゃくちゃ英語が話せるレベルではないような気がします

しかし、ニコラスケイジさんと交際することで、ある程度の日常英会話は取得したのではないでしょうか?

そう考える理由は、芝田璃子さんの壮絶人生からも考えられますが、芝田璃子さんが特別英語を勉強したとは考えられないからです。

芝田璃子さんは、小学校1年生頃から高校1年生の終わりまで10年間ほど、児童養護施設に預けられていました。

ということで、芝田璃子さんが特別な環境に身を置き英語を勉強していたとは考えにくいですよね。

芝田璃子さんはおそらく小中高と公立の学校に通ったのではないでしょうか?

また、2人の交際するうえではもしかしたら英語はそこまで重要ではないような気もします。

 

※追記

3月8日のフジテレビ系「とくダネ!」タレントで俳優の福村友則さんが出演され、芝田璃子さんとニコラス・ケイジさんとのエピソードを話されたそうですね!

福村友則さんは、過去に芝田璃子さんと共演経験があり、今でもSNS上でも交流があるとのことでした。

福村さんによれば、芝田璃子さんは英語は得意ではなかったようです。

ただもしかしたら、今は英語は猛特訓されているかもしれないですね…!

過去に芝田とドラマなどで共演し、現在もSNSなどで交流がある福村は、芝田を「ものすごいもの静かな子で謎が多い子に見える」と説明。

1年ほど前、相手をニコラスだと明かさずに「絶対知ってる人」「でもね、英語しゃべれへんねん」などと英語話者の恋人について相談を受け、英語を勉強するよう助言。その後、相手がニコラスだと伝えられ、ひどく驚いたという。

出典:中日スポーツ

【スポンサーリンク】

芝田璃子の英語力が気にならない理由はニコラスケイジの日本語力?

ニコラス・ケイジさんは親日家として知られていますよね。

ニコラス・ケイジさんは、実は小学校4年生の頃に、カルフォルニアにある日本語学校に通っていたのである程度日本語は話せるそうです。

また、来日する際には日本語で挨拶することもあります。

ニコラス・ケイジさんいわく、日本語学校では「日本語が話せるようにはならなかった」とのことですが、日本語への思い入れは今も変わらないとも言われており、時には映画のセリフに日本語のアドリブを入れたり、もともと英語だったセリフを日本語に変えるように提案することもあるそうです。

本作中では、ケイジが日本語を話すシーンが登場するが、日本語はどうやって覚えたのか? との質問に「実は小学4年生の時、日本語が勉強したくて数年間カリフォルニアの日本の小学校に通っていたんだ。日本語を話すシーンは、本当は英語のセリフだったが、急遽日本語の先生に撮影に立ち会ってセリフを考えてもらったんだ。こうして来日して日本人の言葉を聞いても、どこか懐かしい感じがしてくる。小学校の時は俳句まで作ったんだよ!」と意外なエピソードを披露し、会場を沸かせた。

出典:映画.COM(「ウインドトーカーズ」)

また、ニコラスケイジさんは日本語を喋るのはあまり得意ではないのですが、意外と日本語の会話を聞き取れるとも言われております。

そしてネット情報によれば、『モト冬樹』という言葉に敏感に反応するとも書かれておりました…

真相は不明ですが、ニコラスケイジさんが日本に対して、日本語に対して興味があるのは間違いありあません。

【スポンサーリンク】

芝田璃子の年齢、wiki風プロフィール・出演作品は?インスタグラムアカウントはある?

名前:芝田璃子(しばた りこ)

本名:芝田璃子

出身:京都府京都市

生年月日:1994年

年齢:27歳(2021年3月現在)

所属事務所:ピカロエンタープライズ

芝田璃子さんは京都出身の女優です。

京都にある「ピカロエンタープライズ」という芸能事務所に所属していますが、芸歴としてはまだ4、5年ほどだそう。

芝田璃子の出演作品は?インスタグラムアカウントは?

芝田璃子さんの出演作品には星野源さん主演の『引っ越し大名!』や堤真一さん・岡村隆史さん主演の『決算!忠臣蔵』などがあるそうです。

古風な顔立ちで日本人らしさがあるので時代物の雰囲気に合うのでしょうね!

また、他界した三浦春馬さんの最後の主演映画『天外門(てんがらもん)』(2020年12月11日公開)に1シーンのみ出演しているそうです。

7月に他界した三浦春馬の最後の主演映画『天外門(てんがらもん)』(12月11日公開)に1シーンのみ出演したことをインスタグラムで告知している。

出典:FRONTROW

インスタグラムで告知と書いてありますが、芝田璃子さんのインスタグラムアカウントは、ニコラス・ケイジさんとの熱愛報道後削除されたと言われています。

【スポンサーリンク】

芝田璃子とニコラスケイジの出会いや馴れ初めは?

芝田璃子さんとニコラスケイジの出会いや馴れ初めが気になりますよね…

芝田璃子さんとニコラスケイジの出会いや馴れ初めについて、所属事務所の回答は、

「芝田については、もろもろお問い合わせを受けておりますが、いまはお答え保留させて頂いております」

出典:2020年3月27日の「女性自身」

という回答だったそうです。

しかしネット上の情報では、2人の出会いはニコラスケイジさんが滋賀県に滞在していた時とのことです。

ニコラスケイジさんは2019年10月末~12月末にかけて、映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の撮影のために日本に長期滞在していました。

この映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のエキストラが滋賀県米原市で募集されていたようですね。

そしてこの撮影にもしかしたら芝田璃子さんも参加していたのではないかとも言われています。

また、俳優の福村正則さんによれば、

 福村によると、2人の出会いは、園子温が監督し、ニコラスが主演する映画「プリズナーズ・オブ。ゴーストランド」の滋賀県での撮影。園監督のファンだった芝田が何度も撮影現場に足を運んでいたところ、ニコラス本人から声をかけられたのではないかと、福村の推測を番組で紹介した。

出典:中日スポーツ

とのことでした。

その後は、芝田璃子さんとニコラスケイジさんは2020年2月8日の『インデペンデント・スピリット賞・授賞式』に、2人そろって参加しています。

また、2020年3月1日のニューヨークのJFK空港での目撃談も…!

ここまでの時系列をまとめてみます。

2019年11月中旬~12月下旬

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の撮影でニコラスケイジが日本滞在

 

2020年2月8日

『インディペンデント・スピリット賞授賞式』に出席したニコラス・ケイジがバックステージで芝田璃子と手繋ぎをしている場面を激写される⇒交際報道

 

2020年2月29日

ルイジアナ州ニューオーリンズにあるニコラスケイジの生前墓を芝田璃子と一緒に訪問

 

2020年3月1日

ニコラスケイジと芝田璃子がアトランタ州の市営水族館でデートし、ニューヨークのジョンFケネディ国際空港で水族館で購入したと思われるイルカのぬいぐるみを腕に抱え、もう片方の手は手を繋いでいる姿を目撃される

 

2020年3月2日

ニューヨーク市内でニコラスケイジと芝田璃子の手繋ぎデート目撃、

高級レストラン「Tavern on the Green」でランチデートを激写される

【スポンサーリンク】

ニコラスケイジが芝田璃子と結婚した理由はなぜ?プロポーズは?

ニコラス・ケイジさんが芝田璃子さんと結婚した理由はなぜなのでしょうか…

ニコラス・ケイジさんは親日家で、日本人女性とよく交際されていました。

元から好みが日本人女性ということもあるのかと思いますが、今のタイミングで結婚されたのはコロナの流行も理由の1つなのかもしれません…

2020年の10月のネット記事では、ニコラス・ケイジさんが新型コロナウイルスの影響で、半年以上恋人の芝田璃子さんと会えない状況が続いていると米Interview Magazineのインタビューで明かした記事が出ました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために実施されている日米間の入国制限のせいで、恋人の芝田璃子さんと半年以上も会えていないと不満を漏らしていたそうですね。

その話の流れで、コロナ禍でもパートナーと一緒に居られるマリリン(インタビュアー)が羨ましいと語っていたそうです。

「お前は恵まれてるよ。こんなことになっちまったおかげで、いや、もちろんウイルスで亡くなってしまった人たちもいることは、すごくご愁傷様だけど…俺は、リコにもう6ヵ月も会えてないんだ。ニューヨークから戻ってきてすぐ、彼女は日本へ行かなくちゃならなかった。今は、すべてのアメリカ人が日本への入国を禁じられていて、いつ行けるか目途も経っていない。彼女がアメリカに来ることもできない。だって、そうしたら、今度は、彼女が日本に戻った後、数週間、日本の政府管轄の施設に滞在しなくちゃならないからな

出典:FRONTROW

日本の在留資格を持たないニコラス・ケイジさんが、恋人である芝田璃子さんに会うためだけに短期来日することは、不要不急に当たるためなかなか許されることではかかったはずです。

そして反対に芝田璃子さんが渡米した場合も、日本に戻った際に14日間もPCR検査の結果が出るまで検疫所長の指定する場所で待機する必要もあり、かなり難しかったそうですね。

こういったなかなか簡単には会えない時間があったからこそ、結婚を考えこのタイミングで結婚したのかもしれませんね!

またプロポーズの方法は驚きの方法だったそうです。

なんと、FaceTimeで芝田璃子さんにプロポーズ

そして婚約指輪は日本当てに発送したとされています。

「ニューヨークに滞在していた芝田さんが京都に帰ってしまったことから、6カ月ほど会えなくなった期間があったそうです。一緒に過ごした時間が至福だっただけに、ケイジはいっそう恋しく感じたようです。思いを募らせた彼は、FaceTimeで芝田さんにプロポーズ。婚約指輪を日本に送ったそうです」(海外ジャーナリスト)

出典:エキサイトニュース

やはりなかなか会えなかったことが、ニコラスケイジさんが結婚をより強く意識した理由ですね。

【スポンサーリンク】

芝田璃子の壮絶人生とは?

芝田璃子さんの壮絶な人生は、2019年7月5日に放送された、テレビ東京系列のテレビ番組『親子の絆のぞき見バラエティ!イマドキ家族』で放送されていたそうです。

芝田璃子さんは京都府京都市で生まれましたが、3歳の頃から母親がいなかったそうです。

そして芝田璃子さんが3歳の頃に家を出ていった母親とはもう21年間一度も会っておらず、有名になって母親に気づいてもらうためという理由から、本名の「芝田璃子」名義で役者をしているとのこと。

また、当時の芝田璃子さんは本業の役者だけでは生活できないため、アルバイトもして生計を立てていたそう。

放送時の部屋は8畳のワンルームで家賃は6万5,000円だったそうですね。

また芝田璃子さんは母親だけでなく、経済的な理由から父親とも一緒に暮らすことができなかったそうです。

そして小学校1年生から高校1年生まで児童養護施設で育てられたと語られています。

卒業式や学校の行事に来るのはいつも父親でなく施設の職員だったそうで、父親とも年に1度会うかどうかだったといいます。

ただ、芝田璃子さんが自分の母親の居場所を知るためには父親に会う必要があると考えており、放送の中で、芝田さんは意を決して父親の元へ向かったそうです。

そして、テレビ番組の中でやっと母親に再会した芝田璃子さんは、母親から過去の真実を聞きます。

母親が自分を残して家を出ていった理由は、夫(璃子さんの父親)から稼ぎの面で負け、娘を育てられない」と説得されてのことだったそうです。

また、芝田璃子さんの母親は戸籍からは抜いていなかったそうですが、その理由が戸籍を抜いたら璃子さんを探せなくなるからだったそうですね…

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は「芝田璃子の英語力は?ニコラスケイジとの出会いや馴れ初め・プロポーズは?壮絶人生も!」と題しまして、芝田璃子さんの英語力についてやニコラス・ケイジさんとの出会い、馴れ初めや結婚した理由について考察してみました。

芝田璃子さんの英語力ですが、おそらくはニコラス・ケイジさんと出会うまでにとても英語が話せたかといえばそうでないかと思います。

しかしニコラス・ケイジさんと交際するうえで英語をある程度できるようにしたか、現在も勉強中ではないでしょうか?

また、ニコラス・ケイジさんが親日家として知られているので、ニコラス・ケイジさんが日本語を勉強する可能性も高そうですね。

芝田璃子さんには壮絶な人生があるので、ニコラス・ケイジさんとの結婚はまるでシンデレラストーリーですね。

また芝田璃子さんとニコラス・ケイジさんがこのタイミングで結婚した理由は、新型コロナの流行の影響もあるのかもしれません。

簡単には会えないのが2人の結婚を考えるきっかけにもなったかもしれませんね。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】