中島信也(東北新社社長)の経歴と学歴!過去作品CMやとんねるずとの関係も!

  • 2021年3月15日
  • 2021年3月17日
  • 人物

東北新社の現在の社長の中島信也氏が国会招致されましたね。

中島信也氏は、東北新社の社長に就任したばかりですが、今までの経歴や出身大学などの学歴についても気になるところ。

また、中島信也氏の今までに手掛けたCMやラジオも評判だったようですが、とんねるずのお二人とも関係が深いようですね。

そこで今回は、「中島信也(東北新社社長)の経歴と学歴!過去作品CMやとんねるずとの関係も!」と題しまして、

  • 中島信也(東北新社社長)の経歴と学歴!
  • 中島信也が手がけたCMがすごい!
  • 中島信也ととんねるずとの関係は?

でお送りします。

【スポンサーリンク】

中島信也(東北新社社長)の経歴と学歴!

東北新社・中島信也社長主な経歴は以下です。

1982年4月 東北新社入社(電通・博報堂の内定あり)

1983年 テレビCMディレクターデビュー

1993年 日清カップヌードルCMで日本人初のカンヌ国際広告才グランプリ受賞

1995年 「東北新社」取締役就任

1996年 『ウルトラマンゼアス』の映画監督

2019年 「東北新社」副社長就任

2021年2月26日 東北新社代表取締役社長就任

東北新社の中島信也社長は、なんと大学卒業時には「電通」「博報堂」の内定があったものの、この2つを就職先に選ばずに「東北新社」へ入社したそうです。

この話は中島信也さんと同級生のみうらじゅんさんにより語られたそうですね。

中島信也さんは入社して1年後の1983年にテレビCMディレクターとしてデビューし、これまでに数多くのCMや映像作品を作りました。

【スポンサーリンク】

中島信也の学歴は?

中島信也さんの学歴はこちらです。

大学:武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業

高校:大阪府豊中高校卒業

中島信也氏は、1959年に福岡県八女市に生まれましたが大阪で育ちます。
高校は大阪府豊中高校の出身です。
大阪府豊中高校は、大阪府の公立高校で男女共学です。
みんなの高校情報からですと、現在の偏差値は70とのことで、大変優秀な高校ですね!
ただ、公立高校にも関わらず私服登校が出来る学校で校則に関しても厳しくなく、のびのびと通える学校です。
学校の偏差値は高い優秀な高校なので、勉強が出来れば多少の身なりやおしゃれが許されているということなのでしょうかね…
そして中島信也さんは、高校卒業後は武蔵野美術大学の造形学部視覚伝達デザイン学科に進学します。
「造形学部視覚伝達デザイン学科」は広告代理店ですとかディレクターになるためには必要な知識を学ぶことが出来る学科ですよね。
中島さんはこちらで映像作品監督やCMディレクターになるための知識を得たのでしょう。

中島信也のプロフィール

名前:中島信也

生年月日:1959年1月15日(現在62歳)

出身:福岡県八女市

最終学歴:武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科

職業:

CMディレクター・映像監督

  • 東北新社代表取締役社長
  • 日本ネーミング協会理事
  • 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科およびデザイン情報学科客員教授
  • 広告学校教授
【スポンサーリンク】

中島信也が手がけた過去CM作品がすごい!

中島信也さんが今までに手掛けたCMがかなり有名で話題作品ばかりです!

中島信也の過去CM作品は?

日清食品 カップヌードル 「hungry シリーズ」(1993~1996年)
日清食品 日清ラ王 「食べたい男 シリーズ」(2014年~)
資生堂 ’86春のキャンペーン 「色・ホワイトブレンド」(1986年)
ホンダ ステップワゴン 「こどもといっしょにどこいこう。」(1997- 2004年)[5][1]サントリー DAKARA 「小便小僧シリーズ」(2000年~数年)
サントリー 燃焼系アミノ式 「グッパイ、運動。シリーズ(2003年)
日本航空 (JAL) サザンオールスターズ(2003年)
NOVA 「異文化コミュニケーション」 :宇宙人役で声の出演もしている。
サントリー 伊右衛門
中外製薬 グロンサン
資生堂 企業CM
ソニーブルーレイレコーダー等のシリーズ(2007年秋~の矢沢永吉出演作品)
Friend-Ship Project 第3弾「90秒の夫婦の絆『定年の日の妻』篇」(2008年):テレビ東京で放映された映像作品
ユニクロ Wide Leg Jeans
タンスのゲン タンスのゲン×HKT48(2013年)
こちらが中島さんが手がけたCM一覧ですが、ここに書いてあるものはほんの一部かと思います。
見ただけでも超有名企業ばかりで、日本人が知らない企業がないという感じですよね!
また映画監督作品だと、『ウルトラマンゼアス』(1996年)や、『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』(2010年)も手掛けています。
しかも矢島美容室の本編中にはミスコンの進行役で出演もされているそうですね。
また中島さんはその他にも楽曲も手がけており、

『ウルトラマンゼアス』では「じんましんや」名義主題歌「シュワッチ! ウルトラマンゼアスの作詞も担当されたり、「CCレモンのうた」や「タンスのゲン」の作詞作曲も手掛けているんです。

誰もが口ずさむ有名なCM曲を作ったのが中島信也さんなんですね!

またご本人はラジオ出演もしており、

  • 2013年10月~2014年9月 なかじましんやラジオ(TOKYO FM 日曜 25:00 – 25:30)
  • 2015年4月4日~2019年9月 なかじましんや 土曜の穴(文化放送 土曜 11:00 – 13:00)

にも出演されておりました。

2019年に終了してしまったラジオですが、おそらく中島信也さんの東北新社の副社長就任がきっかけで終わりを迎えたのではないかと思われます。

【スポンサーリンク】

中島信也ととんねるずとの関係は?

中島信也さんと『とんねるず』との出会いは、1993年の『とんねるず』出演でおなじみだったCMの「出光」だったそうです。

このCMは当時CMディレクターとして活躍されていた中島信也さんがとんねるずのお二人を起用して撮影されました。

そして中島信也さんととんねるずのお二人は、このCM撮影を通じて仲良くなったと言われています。

この頃、とんねるずの人気は凄まじいものがありましたよね!

超多忙のお二人と中島信也さんがどのように親交を深めていったのでしょうか…

そのカギは、中島信也さんの「仕事の早さ」と言われています。

この頃、超過密スケジュールで大忙しだったとんねるずのために、中島信也さんは2時間ほどの間でCM6~7パターンも撮影されていたそうです。

CM撮影は普通時間をかけて撮影するので、この2時間という短い時間で6.7本も撮ってしまうというのはかなり凄いことですよね…!

しかも中島信也さんはかなり計画的に準備もされてとんねるずのお二人がスムーズに撮影できるように配慮もされたということですよ。

なかじましんやさんのラジオに、とんねるずの石橋貴明さんが出演された際に、

(石橋)「『この人いいな』って。
信也さんの仕事の早さ
すごく嬉しかった」

出典:なかじましんやラジオ

とも語られています。

この中島信也さんの仕事ぶりや配慮に感動したとんねるずのお二人は、その後も「矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜」の劇場版監督に中島さんに依頼しています。

また、有名なところだとテレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』の題字まで依頼されています。

とんねるずのみなさんのおかげでというあの見覚えのあるデザインです!


出典:フジテレビ公式HP

この「した」部分のみが中島信也さんがデザインされたものだそうですね。

また中島信也さんは「とんねるずのみなさんのおかげでした」のオープニング撮影や、日テレの「とんねるずの生でダラダラいかせて」など超人気番組の制作側も関わっていたとされています。

しかも現在でも親交は続いており、2019年9月28日には中島信也さんの過去のラジオ『なかじましんや 土曜の穴』にも石橋貴明さんをゲストに呼ぶなどの交流もありました。

また、木梨憲武さんは2015年4月25日に出演されていますね。

1993年に出会ってから現在もずっと親交が続いているのはとても良い関係なんですね!

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は、「中島信也(東北新社社長)の経歴と学歴!CMやとんねるずとの関係も!」と題しまして、東北新社の社長の中島信也さんの経歴や学歴、今までに手掛けたCMや映像作品やとんねるずとの関係についてまとめてみました。

中島信也さんの今までに手掛けた作品やCMは凄く有名でCMソングもかなり馴染み深いですよね。

「電通」「博報堂」などの超エリート企業の内定を辞退して「東北新社」を選んだ中島信也さんは入社すぐからCMディレクターとして大活躍しました。

現在は東北新社の社長や大学の教授という役職のある中島信也さんですが、ここまでの活躍ぶりは誰もが見ても素晴らしいと感じるものでしょう。

東北新社は信頼を失ってしまった企業ですが、今までの社長就任は一族という感じでしたよね。

今回の中島信也さんの社長就任は「東北新社」の立て直しや信頼回復を任されているのかもしれませんし今後の中島信也さんの仕事ぶりや発言についても気になりますね。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】