菅真理子夫人の中学高校大学はどこ?実家や家族構成・旧姓は?バツイチでいちご農家?

菅義偉総理大臣の奥様の「菅真理子夫人」は総理大臣の妻となれば、外交などでもとても重要な役割を果たしますが、今まで真理子夫人についてはあまり知られることがありませんでしたね。

調べてみると、菅真理子さんは菅義偉首相とは再婚で、バツイチ・静岡県のいちご農家で有名な地区に一度嫁いでいたというエピソードもあることが分かりました。

そこで今回は、今まであまり語られることのなかった、次の「ファーストレディー」となる菅真理子夫人の学歴(中学・高校・大学)や生い立ち、家族構成、菅総理との馴れ初めについてまとめてみます。

具体的には、「菅真理子夫人の中学高校大学はどこ?実家や家族構成・旧姓は?バツイチでいちご農家?」と題しまして

  • 菅真理子夫人の中学・高校・大学はどこ?英語力は?
  • 実家や家族構成・旧姓は?
  • 菅真理子夫人はバツイチ?

について書いてみました。

よろしければご覧ください。

【スポンサーリンク】

菅真理子夫人の中学・高校・大学はどこ?英語力は?

菅真理子夫人の中学校・高校・大学はどこなのか気になりますね。

【スポンサーリンク】

菅真理子夫人の中学・高校・大学はどこ?学歴まとめ

菅真理子夫人の中学校・高校・大学は以下です。

  • 静岡大学附属静岡中学
  • 静岡県立清水東高校普通科
  • 静岡女子大学

菅真理子夫人は、静岡県清水市出身です。

今のところ、幼稚園や小学校は明らかになっていません

ただ小学校については、地元の旧清水市(現在は静岡市清水区)内の公立小学校であると言われています。

真理子夫人は、地元の公立小学校から静岡大学附属静岡中学、その後は静岡県立清水東高校へ入学したそうです。

そして高校時代は、1学年350人ほどで成績上位50名に入ると校内に順位が張り出されたそうなのですが、真理子さんは順位表によく名前が載っていたそうで、成績も優秀だったと言われています。

そして真理子夫人は、

  • 普通科の理系クラスで数学が得意
  • 弓道部に所属していた

といわれています。

また真理子夫人の高校時代の見た目は、髪型はショートカット目がパッチリで、弓道部に入部したての頃は男子部員が「あの子いいよね」と色めきたっていたそう。

容姿外見も周りの男子が目をつけるほどの魅力があったようなんですね。

菅真理子の英語力は?

菅真理子夫人は、勉強が得意で運動もできる活発女子のイメージですね。

そして、高校卒業後は静岡女子大学に進学されましたが、当時の近所の人の話では、大学では英語の勉強をしていたと言われています。

実は菅真理子夫人は、清水東高校時代にも英語クラブに所属されていたと言われていますので、英語も得意なのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

菅真理子の実家や家族構成・旧姓は?

真理子夫人のご両親は、地元の静岡県清水市にある食料品(インスタントラーメンや缶詰や飲料水)の卸問屋を経営していたそうです。

経営当時は良い卸し先があって経営は安定していたそうですが、真理子夫人のお兄さんが経営を次いで、今では廃業したそうです。

菅真理子夫人のプロフィール

名前:菅 真理子(すが まりこ)
旧姓:非公表
出身:静岡県清水市
生年月日:1953年生まれ 2020年現在66歳
家族構成:夫、子供3人(孫あり)

真理子夫人は3人兄弟の2番目で、お兄さんと妹さんがいるとのことです。

旧姓については公表されていませんね。

また、真理子夫人のご両親は既に亡くなったそうですが、ご近所い住んでいた方によると、お母さんは教育熱心で、真理子さんは若い頃から綺麗で頭が良いと評判だったと言われているようですよ。

【スポンサーリンク】

菅真理子夫人は実はバツイチ!地元のいちご農家に嫁いでいた?

菅真理子夫人は、実はバツイチとのこと。

実は、菅総理と出会う前に一度地元の農家に嫁いでいます。

どうやら嫁ぎ先は、静岡県内のいちご栽培で有名な地区の農家だったそうですよ。

静岡県と言えば、いちごの産地としても有名ですが、奇遇にも菅総理のご実家秋田県のいちご農家ですよね。

嫁ぎ先はいちご農家であったとは書かれておりませんが、いちごで有名な地区とのことで、何か不思議な縁を感じてしまうエピソードですね。

「いちご栽培で有名な地区の農家でした。でも、“お茶の柄杓(ひしゃく)持つより、肥料の袋を持った方がいい”なんて、姑さんにいびられたみたいで、農作業に馴染めず、半年か1年でダメになっちゃったんです」

出典:Yahooニュース

ただ週刊誌によると、姑いびりにより結婚生活は半年か1年ほどしか続かなかったとのことです。

真理子夫人は農家でとてもつらい時代を過ごされたのですかね。

【スポンサーリンク】

菅総理と真理子夫人の馴れ初めは?

真理子夫人は、その後横浜で、当時衆院議員だった小此木彦三郎氏のもとで住み込みの家政婦として働くことになりますが、そこで当時、小此木事務所の秘書だった菅義偉総理と出会ったそうです。

菅総理が住み込みで働いていた真理子夫人に一目ぼれして交際が始まったと言われていますが、その後横浜市内のホテルで二人は挙式します。

結婚して二人が最初に住んでいたアパートは既に取り壊されてしまったようなのですが、当時のアパートは

  • 木造アパート
  • 家賃5万円ほど
  • 間取りは和室8畳ほどの部屋が二つで台所、風呂・トイレ付きの2LDK

だったそうです。

そして、このアパートは、菅総理の大学時代のご友人である寺田修一氏の父親が所有していた横浜市内のアパートだそうで、家賃は友達価格の5万円だったとのことです。

しかし、長男が生まれ、次男を妊娠するとこの2LDKアパートでは狭くなったので引っ越したと言われています。

現在、真理子夫人はベイブリッジなどが見渡せる、横浜駅近くの資産価値で1億は超えるタワーマンションに暮らしているそうですが、当時の暮らしぶりからは想像できなかったことだと思いますね。

【スポンサーリンク】

菅真理子夫人の素顔や性格は?

菅総理の知人によると、結婚してすぐの真理子夫人は、

  • 玄関の靴が乱れていると、きちっと揃えるような人
  • 本来旦那がやるような日曜大工をする人

だったそうです。

家事や育児に専念しているのに、男性がやるような力仕事や日曜大工もこなしてしまう強い女性なんですね。

しかし「女性だから」と遠慮することもなければ、出しゃばらずに男性を引き立たせることもできる素敵な女性ですよね。

普段は人前に出ず、事務所には選挙期間中だけ顔を出します。ただ、スタッフに“手伝うことはありますか”と声をかけ、奥様然と座っていることはありません」(菅氏の選挙事務所長を務めた齋藤精二氏)

出典:Yahooニュース

真理子夫人は控えめで表に目立って立つことはないけど、エラそうな態度をとることなく選挙スタッフに、手伝うことはないか聞く気配りのできる女性というところに非常に好感が持てますね。

「政治家の妻には出しゃばりな人も多いですが、真理子夫人は本当に控えめ」と本当に評判のようですよ。

【スポンサーリンク】

まとめ

今まで表に出なかった菅真理子夫人のエピソードが少しずつ明らかになってきましたね。

真理子夫人がバツイチだったのは意外ですが、1度目はとても短い結婚生活でしたしバツイチと聞いても何も悪く感じないですね。

むしろ、真理子夫人が苦労した時代があると聞くと好感度が上がるのではないでしょうか。

あまり目立つタイプではなく、過去には苦労もされたと思われる真理子夫人ですが、そんな時代を乗り越えたからこそ今ではファーストレディになりました。

これから菅総理の活躍が期待されますが、それを陰で真理子夫人がどんな風に支えられるのかもとても楽しみですよね。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】