倉田てつをの評判と炎上理由!【悪評】ブラック商法と仮面ライダーブロック!

  • 2021年4月3日
  • 2021年4月7日
  • 話題

仮面ライダーが生誕50周年で『仮面ライダーBLACK』がリメイクされると決まり、話題ですね。

『仮面ライダーBLACK』のリメイク版は『仮面ライダーBLACK SUN』ということですが、SNSでは以前に出演していた俳優の倉田てつをさんについて気になる人が多数で話題となっています。

倉田てつをさんは過去に炎上したことがあり、その経緯は倉田てつをさんが出演していた『仮面ライダーBLACK』に関連したグッズ販売をしたり営利目的な活動をしていたからだそうですね。

倉田てつをさんが「BLACK(ブラック)商法」と「仮面ライダーブロック」という行為で炎上し、悪評が多くなったと言われています。

そこで今回は、「【悪評】倉田てつをの評判と炎上理由!ブラック商法と仮面ライダーブロック!」と題し、

  • 倉田てつをの炎上理由とは?
  • 倉田てつをのブラック商法と仮面ライダーブロックとは?
  • 倉田てつをの評判が悪評だらけ!

でお送りします。

【スポンサーリンク】

【悪評】倉田てつをの評判や炎上理由!ブラック商法と仮面ライダーブロック!

倉田てつをさんが過去に炎上した理由は、倉田さんの代表作の『仮面ライダーBLACK』にかけた「BLACK商法」や「仮面ライダーブロック」であると言われています。

そして、何度も炎上したことで倉田てつをさんの評判についてはがた落ちで、悪評だらけと言われていますね。

倉田てつをの炎上理由

  • 『仮面ライダーBLACK』にちなんだ「ブラック商法」
  • 『仮面ライダーBLACK』でなく「仮面ライダーブロック」

では「BLACK(ブラック)商法」や「仮面ライダーブロック」とは具体的に何でしょうか。

詳しく見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

『仮面ライダーBLACK』のブラック商法とは?

倉田てつをさんの「BLACK(ブラック)商法」とは、以下の3つの方法であると言われています。

倉田てつをの「BLACK(ブラック)商法」

  • 等身大フィギュアの商業目的利用
  • オリジナルマスクの販売
  • 自身が着用した鉄アレイの競売
【スポンサーリンク】

倉田てつをの炎上理由!「BLACK(ブラック)商法」とは?

倉田てつをさんの炎上理由の1つである、「BLACK(ブラック)商法」について詳しく解説していきます。

倉田てつをの炎上理由!その1・等身大フィギュアの商業目的利用「BLACK(ブラック)商法」

倉田てつをさんの炎上理由その1は、等身大フィギュアの商業目的利用です。

倉田てつをさんが経営しているステーキ店「ビリーザキッド」には、『仮面ライダーBLACK』の等身大フィギュアが置かれています。

しかし、このフィギュアについては非公認で無償で作っていただいた作品だというのです。

フィギュアの制作者は三枝徹さんという方で、この方がTwitterで投稿していました。

三枝徹さんは、倉田てつをさんに強引に頼まれ、あくまで「お店の記念プレゼント」としてお金を頂かずに等身大フィギュアを作成したそうですね。

しかし、倉田てつをさんは、この等身大フィギュアをお店の集客目的で自身が経営するステーキ店に設置した(商業目的利用)と考えられています。

ファンの立場からすれば、この等身大フィギュアを見るためにステーキ店を訪れることになりますよね。

フィギュア作者の三枝徹さんは、好意で費用を頂かずに作ってくださったのに、倉田てつをさんは等身大フィギュアを商業利用したことで炎上しました。

また、作者の三枝さんと当初の約束では「商業利用しない」条件で作成したとのことです。

Aさんは彼に頼まれ、「商業利用しない」条件で’18年に仮面ライダーBLACKの等身大フィギュアを制作。だが、3年後の今もステーキ店に飾られたままだ。

このAさんが三枝徹さんのことで、造形作家であると名乗ると、等身大フィギュアを作るように頼まれたとのことです。

何度も断ったようですが、会うたびにしつこく依頼してきたそうで、そのたびに著作権のことまで説明したにも関わらず、倉田さんは等身大フィギュアを商業利用したようですね。

「知人の紹介で’15年に彼のトークショーに伺ったとき『造形作家です』と名乗ると、いきなり『仮面ライダーBLACKの等身大フィギュアを作れますか』と依頼を受けました。そこで『作れますが、店に置くなどしたら営利目的になるからダメです。自宅に置いて個人で観賞するだけなら』と答えたのです」

会うたびに「お願いします」と頭を下げる倉田にAさんはそのつど著作権のことを説明。

彼からの「店には置かず、自宅に持ち帰ります。もうすでに設置スペースやケースまで準備してるんです」との言葉を信じ、精魂込めた等身大フィギュアを無償で提供。大作だけに制作に1年以上を要した。

「開店10周年の記念日に『取材カメラが入るので間に合わせてほしい』と催促が頻繁に入るようになりました。このときも私は『フィギュアを撮影させては著作権違反になりますよ』と忠告しました。記念日だけ店に置くぐらいならまだ許せます。しかし、3年間ずっと店に置いたままなのです」

要望はこれだけではなかった。

「’19年1月に『弟の飲食店にも今度は仮面ライダーBLACK RXの実物大フィギュアを置きたいので作ってほしい。60万円で』と金額まで指定してきたのです。お金をもらって作るのは違法だとあれだけ口を酸っぱくして言ったのに、まったく理解していないことにあきれました」

一部抜粋:女性自身

また、倉田てつをさんは著作権のことも理解しておらず、当初の約束も破ったあげく、自身の弟の飲食店にも実物大フィギュアを金額指定して作成依頼したようです…!

【スポンサーリンク】

倉田てつをの炎上理由!その2・オリジナルマスクの販売「BLACK(ブラック)商法」

倉田てつをさんは、新型コロナウイルスの感染流行の影響も考えてなのか、オリジナル商品の「仮面ライダー」デザインのマスクを作成し販売しました。

しかし、そのマスクのお値段は1枚3,500円!

この素材はウレタン素材ということで繰り返し利用できるものですが、マスク1枚に3,500円は高いですし、マスクに高い効果があるものではありません。

また、仮面ライダーファンには堪らないものだと思いますが、このマスクはオリジナルではなく、『仮面ライダーBLACK』の名前やデザインを商業利用しており、著作権侵害にあたる可能性もあるようです…

デザインも名前も『仮面ライダーBLACK』にちなんでおりますが、マスクはオリジナル商品ではありませんね。

【スポンサーリンク】

倉田てつをの炎上理由!その3・鉄アレイの競売「BLACK(ブラック)商法」

倉田てつをさんが30年以上利用した「鉄アレイ」をファンの間で販売するという行為が行われました。

こちらは倉田てつをさん自身がTwitter上に投稿し、購入者を募集したとされています。

しかも、決まった金額の販売ではなく、販売方法も「一番金額が高い方にお譲りします」というオークションのような競売形式!

仮面ライダーファンの方からしたら、いくら高くても欲しいと思ってしまうため超プレミアムがつく商品ですが、倉田てつをさん自身が使用した「鉄アレイ」をSNS上で競売形式で購入者を募集するのは、イメージ的に良くないですよね。

そして結果的にはかなりのプレミアム価格がつき価格が決まったとされていますが、最終的に誰の手に渡ったのかは不明のままです。

鉄アレイに関しては長年応援してくれたファンに感謝の気持ちを込めてプレゼントするか、もしくは自身のステーキ店に展示するなどの方法もあったかと思うのですが、なぜ競売形式にして少しでも高く売りたいと考えたのでしょうか。

もしかすると、飲食店経営自体がうまくいっておらず、資金的に余裕がなかったのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

倉田てつをの炎上理由!「仮面ライダーブロック」とは?

倉田てつをさんが炎上した理由の4つ目は、「仮面ライダーブロック」というSNS上の行為であると言われています。

倉田てつをの炎上理由!その4・倉田てつをが課金しないファンをブロック「仮面ライダーブロック」

倉田てつをさんは、自身に課金してくれないファンをSNS上でブロックしたり、塩対応(冷たい対応)暴言を吐くなどの行為もしていたと言われています。

過去には、配信ライブ上で課金しないファンに対して、

  1. 「本当に俺のファン?」
  2. 「いい大人が恥ずかしい(課金しなくて)」

などと暴言のようなものを吐いたともされています。

そしてイベントの誘いを断るとFacebook上でブロックされたという方もいました。

この方は、仮面ライダーファンのかたですが、2018年当時、結婚したばかりで金銭的に余裕もないようでした。

しかし大好きだった『仮面ライダーBLACK』RXが30周年を迎え、インドネシアでRXの30周年イベントがあった際に費用的な理由で参加を諦めていたそうです。

すると、まさかの倉田てつをさん本人からフェイスブック上で「インドネシア行かないの?」DMが届き、「カード決済もできるし、こういう時に力を貸してこそのファン!参加してくれ」という内容のDMも送られてきたそう…

しかし、金銭的な理由で一晩悩み、翌日断りの連絡を入れると、倉田てつをさんと繋がっていたFacebook上でブロックされてしまったそうです。

今まで大切にしていたグッズを見たくないくらいにショックを受けたようですね…

また、その後イベントに参加するとはSNS上のブロックは解除していただき、SNS上の友達として戻れたようです。

しかし、再びイベントに参加できずキャンセルするとブロックはされなかったものの、Facebookのフォローを外されたという分かりやすい行為をされたそうですね…

そしてこの方が聞いた話では、他の人も似たような理由で倉田てつをさんからSNSでのフォロー解除やブロックをされていたのだとか。

そしてこの行為自体が「仮面ライダーブラック」ではなく「仮面ライダーブロック」と揶揄されることとなりました。

[adcocde]

【悪評】倉田てつをの評判は?

倉田てつをさんの評判が悪評ばかりだと感じますよね。

悪評とされる声を見ていきましょう。

>

倉田てつをさんは子供達の「ヒーロー」です。

それなのに、ブラック商法をし、SNS上でファンをブロックするなどの行為をし炎上してしまいました。

やはり、当時の子供達が大人になって今でも愛されていることを忘れないで欲しいですよね。

しかし、中には良い声も聞こえてきます。

倉田てつをさんが経営しているステーキ店「ビリーザキッド」は味については評判も良いですし、仮面ライダーファンにとっては聖地のようです。

『仮面ライダーBLACK』が終了してもこのようにファンの聖地として残してくれたり、出演していた倉田てつをさんの姿も見られることはファンにとっては嬉しいことのようですね…

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は「【悪評】倉田てつをの評判や炎上理由!ブラック商法と仮面ライダーブロック!」と題してお送りしました。

倉田てつをさんが悪評の理由は、過去の炎上経緯があるからですね。

またその炎上した行為は『仮面ライダーBLACK』にちなみ、「ブラック商法」や「仮面ライダーブロック」と言われています。

倉田てつをさんの評判は悪評ばかり目立ちますが、仮面ライダーファンの方の中には倉田てつをさんのファンは多いようですし、当時子供だった方が大人となった今でも愛されている『仮面ライダーBLACK』が、このようなことで汚されてしまうのは悲しいですよね…

また、ファンが課金しないと不機嫌になりブロック設定やフォロー解除をするというのは、人間としてがっかりです。

倉田てつをさんが経営するステーキ店や『仮面ライダーBLACK』の評判自体は高いようですが、倉田てつをさん自身の人間性に問題があるようです…

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】