谷脇康彦の経歴や学歴!大学や高校はどこ?年齢や年収、プロフィールも!

  • 2021年3月4日
  • 2021年3月6日
  • 人物

総務省幹部が菅義偉首相の長男・正剛氏の務めている「東北新社」から接待を受けていた問題で、減給の懲戒処分を受けた谷脇康彦総務省審議官。

谷脇康彦氏の経歴や学歴(大学や高校はどこなのか)について気になりますよね。

また、谷脇康彦氏は減給の懲戒処分を受けましたが、現在の年収はいくらくらいどのくらいの減給処分だったのでしょうか?

そこで今回は「谷脇康彦の経歴や学歴!大学や高校はどこ?年齢や年収、プロフィールも!」と題しまして、

  • 谷脇康彦の経歴や学歴!大学や高校はどこ?
  • 谷脇康彦の年齢は?プロフィールも紹介
  • 谷脇康彦の年収は?減給処分はどのくらい?

でお送りします。

【スポンサーリンク】

谷脇康彦の経歴や学歴!大学や高校はどこ?

谷脇康彦氏の経歴・学歴は以下にまとめてみました。

【スポンサーリンク】

谷脇康彦の経歴は?

1984年4月 郵政省(現:総務省)入省(貯金局経営企画課経営調査室)

1986年 通信政策局国際協力課

1987年 OECD事務局出向(在パリ)ICCP課(情報・コンピュータ・通信政策課)勤務

1990年 西条郵便局長

1991年5月 郵政省簡易保険局経営企画課課長補佐

1993年7月 郵政省大臣官房文書課課長補佐

1994年7月 郵政省電気通信局電気通信事業部事業政策課長補佐

1997年7月 郵政省関東郵政局郵務部長

1998年6月 郵政省貯金局経営計画課調査官兼貯金局経営計画課経営調査室長

1999年7月 郵政省簡易保険局企画業務課調査官

1999年10月 郵政省大臣官房秘書課調査官・郵政大臣秘書官事務取扱(八代大臣)

2000年7月 郵政省大臣官房秘書課事務秘書官(市場運用担当)

2000年8月 郵政省電気通信局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室長(兼)電気通信局電気通信事業部事業政策課

※電気通信事業における事業区分の廃止・電気通信事業紛争処理委員会の設置・ユニバーサルサービス制度の創設等

2001年1月 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課 番号企画室長

2002〜2005年 【アメリカ赴任】

2002年6月 外務省在アメリカ合衆国日本国大使館ICT政策担当参事官

2005年6月 総務省総合通信基盤局総務課調査官

2005年8月 総務省総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課長

2007年7月 総務省総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課長

2008年7月 総務省情報通信国際戦略局情報通信政策課長

2008年7月4日 (併)内閣官房内閣参事官(内閣官房副長官補付)・内閣官房情報通信技術 (IT) 担当室室員

2011年7月15日 総務省情報通信国際戦略局情報通信政策課長

2011年7月20日 総務省大臣官房企画課長

2012年8月1日 総務省情報通信国際戦略局付

2012年9月11日 総務省大臣官房審議官(情報流通行政局担当)

2012年9月12日 (併)内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)・内閣官房情報通信技術 (IT) 担当室室員

2013年6月4日 (併)内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)・内閣官房情報通信技術 (IT) 総合戦略室室員

2013年6月30日 内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)・内閣官房情報セキュリティセンター副センター長

2015年1月9日 内閣官房内閣審議官(内閣サイバーセキュリティセンター)・内閣サイバーセキュリティセンター副センター長

2016年6月17日 総務省情報通信国際戦略局長

2017年7月11日 総務省政策統括官(情報セキュリティ担当)

2018年7月20日 総務省総合通信基盤局長

2019年12月20日 総務審議官(郵政・通信)命 総合通信基盤局長事務取扱

2020年7月20日 総務審議官 (郵政・通信担当)

谷脇康彦さんは愛媛県松江市に生まれ、高校までは地元愛媛県松江市で過ごします。

1984年に一橋大学経済学部に入学し、大学卒業後は郵政省(現在の総務省)に入省しました。

谷脇さんの同期には、菅義偉首相の長男の違法接待問題で最終的に辞職までした山田真貴子さんもいます。

郵政省入省後は、郵便貯金から情報分野に転じて、NTTグループの再編にも関わりました。

2002年からは、外務省在アメリカ合衆国日本国大使館ICT政策担当参事官を務め、総務省復帰後は、「新競争促進プログラム2010」や「モバイルビジネス活性化プラン」の策定、SIMロック解除や携帯電話インセンティブの廃止、仮想移動体通信事業者の新規参入などの施策を行い、業界では「谷脇不況」とも称されたようです。

谷脇康彦の学歴!大学や高校はどこ?

谷脇康彦の学歴

大学:一橋大学経済学部卒業(1984年3月)

高校:愛光学園高等部卒業(1979年3月)

谷脇康彦氏の出身大学は一橋大学経済学部です。

一橋大学経済学部の現在の偏差値は 67.5~72.5ですね。

谷脇氏の大学卒業年が1984年、高校は1979年に卒業しているはずなのでおそらくですが1年浪人したか、留年・留学をしたのではないでしょうか?

また、谷脇氏の出身高校は愛媛県にある愛光高等学校(愛光学園)です。

愛光高校は愛媛県松江市の男女共学の中高一貫の私立高校です。

愛光学園は2002年に男女共学になったそうですが、谷脇さんが通っていた頃は男子校だったそうですね!

谷脇康彦氏の中学は不明ですが、愛光学園が中高一貫校なので、もしかすると愛光学園の中学に通っていた可能性もありそうですね!

愛光学園は中高一貫校と言っても、高校からの入学も50名程度の募集ですがしているようです。

愛光学園の中学部の募集人数は200名ということで、やはり中学から愛光学園に通っていた可能性は高いのかもしれません。

【スポンサーリンク】

谷脇康彦の年齢は?プロフィールも紹介

谷脇康彦さんは1960年生まれで、2021年2月現在60歳です。

ここで谷脇康彦氏のプロフィールについてまとめてみます。

名前:谷脇康彦

生年月日:1960年9月11日(2021年2月現在、60歳)

出身:愛媛県松江市

最終学歴:一橋大学経済学部卒業

職業:日本の総務官僚(総務審議官(郵政・通信))

慶應義塾大学特別招聘教授・東京大学客員教授

谷脇康彦さんは愛媛県松江市に生まれ、高校までは地元愛媛県松江市で過ごします。

1984年に一橋大学経済学部に入学し、大学卒業後は郵政省(現在の総務省)に入省しました。

谷脇氏は情報通信政策分野に詳しく、現在は「慶応義塾大学大学院メディアデザイン学科特別招聘教授」、「東京大学大学院情報学環客員教授」も兼任しています。

またもしかすると、上記以外の他大学の特別授業などもしている可能性もあるかもしれません。

【スポンサーリンク】

谷脇康彦の年収は?減給処分はどのくらい?

谷脇康彦氏の年収はどのくらいなのでしょうか?

調べてみると、「審議官」の年収は一般的に1500万円~1800万円ではないかと言われているようです。

谷脇康彦氏の減給処分ですが、給与の10分の2を3か月分の減給だそうですね。

仮に1,800万円の年収とした場合は、月給110万円ほど、官僚のボーナス(賞与)は月給の2か月分が水準とのことから、ボーナスは440万円ほどでしょうか・・・?

あくまで目安であり単なる予想ですが、月給110万円×2/10×3(か月分)=66万円

年収が1,800万円の場合は66万円ほどの減給処分となります…

※ただ、こちらの金額はあくまで予想で、年収が1,800万円の審議官を想定した場合です!

今回の菅首相の長男の「東北新社」の違法接待問題による総務省官僚の減給などの懲戒処分の中では、谷脇康彦氏の処分は比較的重い方になりますね。

役職が上の位で「審議官」だからかと思います。

懲戒処分は谷脇氏と吉田真人総務審議官(60)が減給10分の2(3カ月)、秋本芳徳・前情報流通行政局長(59)が減給10分の1(3カ月)、湯本博信前大臣官房審議官(54)など4人を減給10分の1(1カ月)など。一部を自費で支払うなどした2人は訓告とした。

ちなみに谷脇氏は「慶應義塾大学特別招聘教授」・「東京大学客員教授」も務めているので、官僚の給与以外の収入もあります…!

「特別招聘教授」や「客員教授」の給与は各大学の給与制度により異なるので詳しくは分かりませんが、客員教授の場合は

1コマ単価あたり1~数万円の場合や、300万円~500万円

の年収があると言われています。

谷脇康彦さんも総務省の給与以外に大学教授のお仕事からの給与も年に数百万円ほどもしかしたらあるのかもしれませんね…!

また、学会発表やセミナーなどの登壇による謝礼金も収入としてあるかとも思います!

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は、「谷脇康彦の経歴や学歴!大学や高校はどこ?年齢や年収、プロフィールも!」と題しまして、総務省審議官の谷脇康彦氏の経歴や学歴、プロフィールや年収についてまとめてみました。

谷脇康彦氏は、菅首相の長男の正剛氏の勤める「東北新社」から違法接待を受けたとして減給処分されました。

年収については、数千万円レベルですが、総務省官僚の給与以外にも大学からも収入がありますね。

今回の違法接待問題で減給処分を受けたにも関わらず、NTTとの新たな違法接待問題も出ており、しかも金額は高額だそうで、これからも話題が続きそうです。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】