小林貴虎の学歴・経歴は?wiki風プロフで紹介!結婚や妻や子供・家族構成は?

  • 2021年4月5日
  • 2021年4月6日
  • 人物

三重県議会の小林貴虎県議(自民党)が、自身に公開質問状を送ってきた三重県伊賀市の男性カップルの氏名と住所を、無断でブログに公開していることが波紋を呼んでいます。

小林貴虎氏は、賛成カップルの氏名や住所の削除要請にも応じていないそうですが、なぜなのでしょうか…

一般的に考え、ネットで自分のブログ上に個人の氏名や住所を載せてはいけないと考えることができるはずですし、小林貴虎さんの学歴について知りたい方は多いのではないでしょうか。

また、小林貴虎氏の経歴、家族構成(結婚しているのか、妻や子供は?)についても気になるところ。

そこで今回は「小林貴虎の学歴・経歴は?wiki風プロフで紹介!結婚や妻や子供・家族高構成は?」と題し、

  • 小林貴虎の学歴・経歴は?wiki風プロフで紹介!
  • 小林貴虎の結婚や妻や子供・家族高構成は?

でお送りします。

【スポンサーリンク】

小林貴虎の学歴は?wiki風プロフで紹介!大学は帝京科学大学!

小林貴虎さんは現在、三重県津市の議員です。

早速、小林貴虎県議の学歴を見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

小林貴虎の学歴!大学や高校はどこ?

小学校:三重大学教育学部附属小学校

中学校:三重大学教育学部附属小学校、中学校

高校:三重県立津高等学校 (平成4年卒業)

大学:帝京科学大学 情報科学科

大学院・博士課程:IUPUI  インディアナ大学・パデュー大学 共同インディアナポリス校 修士課程1年半在籍

小林貴虎さんの最終学歴は、帝京科学大学ですね。

帝京科学大学の偏差値は、37.5~52.5だそうで幅があります。

また、大学卒業後は、「インディアナ大学・パデュー大学 共同インディアナポリス校 修士課程1年半在籍」と書かれていました。

インディアナ大学・パデュー大学ですが、インディアナ大学かパデュー大学の学位を取得できる、研究に強い大学とのことです。

もともとはインディアナの医療・生命科学センターとしてスタートした大学ですが、アメリカ最大級の医学部と看護学部を設け、数多くの医師や看護師を送り出していうことで有名だそうですね。

そして、学内キャンパスではサークル活動が活発で、サッカーやバスケットボールなどのスポーツにも力を入れることが出来るようです。

小林貴虎の小中学校は?

小林貴虎氏は、高校生までは地元三重県津市で過ごしましたが、大学については東京都にある帝京科学大学に進学したようです。

また、小林貴虎議員出身の三重大学教育学部附属小学校・中学校については地元三重大学付属の公立の小中一貫校です。

三重大学教育学部附属小学校の偏差値は不明ですが、三重県内の小学校の評判ランキングでは堂々4位の位置づけです。

公立小学校の中では割と良い位置づけで、自由な校風も魅力的だそうですね。

三重大学教育学部付属中学校の偏差値は41で、三重県内7位 / 10件中だそう…

入学試験が必要な中学校の数が三重県内には少ないですが、その中では割と低いんですね。

小林貴虎さんは、三重県津市の普通の公立小中学校に通わず、三重大付属の小中学校に通ったのは、自由な校風が魅力的だったのか、特別な勉強を両親がさせたかったからなど考えられますかね。

小林貴虎の高校は三重県津高校!

また、三重大付属中学校を卒業した小林貴虎議員は、地元三重県津市の三重県立津高等学校に進学。

三重県立津高等学校の偏差値は67と三重県内ではトップレベル!

三重県内159校中4位/・三重県内公立高校 119校中4位の位置づけです。

小林議員の小中学校までの学歴を偏差値面からだけで見ると、大した学歴ではないのかと思ってしまう方もいたのかもしれませんが、高校については県内でトップレベルの公立の高校に進学していますね。

小林議員は、三重大付属中学校の中では成績は優秀者だったのかもしれません…!

【スポンサーリンク】

小林貴虎の経歴は?

小林貴虎さんの経歴は以下です。

  • IUPUI : インディアナ大学・パデュー大学共同インディアナポリス校 修士課程1年半在籍
  • NGOにて5年間ボランティア活動を行う

2005年 地元に帰郷後、父の会社に就業・奉仕活動を始める

2011年 補欠選挙で初当選

2012年 ~2013年 総務財政委員会・副委員長

2014年 教育厚生委員会 委員長

2014年 2期目当選

2017年  教育厚生委員会委員長

2015~2016年 三重大学教育学部附属小学校 育友会副会長

2017年 三重大学教育学部附属小学校 育友会会長

小林貴虎さんは、帝京科学大学卒業後に海外留学され、なんとNGOでの海外ボランティアにも参加されています。

その際に幅広い国際的視野も得たのかと考えられますね。

また、海外ボランティア参加後に地元三重県に帰郷され、一度は自分の父親の会社に就職しています。

同時に、奉仕活動にも興味があるのか地元のボランティアにも積極的に参加されていたそうですね。

そして、2011年に三重県津市議会の補欠選挙で初当選され、その後は順調にキャリアも重ねっていったようです。

教育厚生委員会の副会長にもなっていた経歴があり、教育面・育児面への考え方も豊富であるとも考えられます。

【スポンサーリンク】

小林貴虎のwiki風プロフ!

ここで小林貴虎議員のプロフィールについてwiki風に紹介します。

名前:小林貴虎(こばやし たかとら)

生年月日:1974年1月4日

年齢:46歳(2021年4月現在)

出身:三重県津市

出生地:三重県津市東丸之内13-16

小林貴虎氏のHPによれば、

「三重県津市東丸之内にて、藤堂家の菩提寺、寒松院の前で生まれる」
藤堂高虎公にあやかり貴虎と名付けられる

と書かれております。

藤堂 高虎(とうどう たかとら)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・ 大名です。

小林貴虎議員は戦国武将の藤堂高虎の下の名前から名付けられたという事ですが、藤堂高虎公は、伊勢津藩初代藩主のため、三重県津市の地元では特に有名な武将なようです。

また、公式HPから分かる情報では、出生地が番地まで記載されていること・・・!

「三重県津市東丸之内13-16」で検索すると、【コバヤシ通商】が表示されるので、「コバヤシ通商」が小林貴虎議員の父親の会社ということでしょう。

自分の父親の会社を明かすことは良いかと思いますが、一般的に考えて、出生地を番地まで自ら晒すのは普通では考えられません。

今回の、同性カップルの氏名・住所のブログ転載も、もしかすると同じような認識で載せてしまったのかもしれませんね…

ご本人には悪気はなかったのかもしれませんが、ネット上に氏名だけでなく住所まで晒してしまったことは驚きですし、今回の場合は特に、「同性カップル」というデリケートな問題もあります。

【スポンサーリンク】

小林貴虎の結婚や妻(嫁)や子供・家族高構成は?妻はモルドバ人!子供はハーフ!

小林貴虎さんは結婚しており、妻(嫁)の名前はステラさんという方です。


出典:https://www.isenp.co.jp/2019/04/08/30564/

また、子供については長女・次女・長男の3人がいるそうですね。

小林貴虎議員の家族構成は、妻・長女・次男・長男の4人と父母でしょうか。

ステラさんというと「ステラおばさんのクッキー」を連想してしまう方も多そうです・・・

小林高虎さんが初当選を果たした45歳のとき、横で喜んでいる妻のステラさん。

ステラさんはどこの国の方なのでしょうか。

実は妻の出身国は「モルドバ共和国」というところ。

モルドバ共和国は東ヨーロッパの国ですが、Yahoo!で検索すると、検索ワードに「モルドバ共和国 美女」と出てきます。

モルドバ共和国は美女が多いと考えられているようです!

小林貴虎さんの妻の顔画像はこちらからも見られます。

確かにとても綺麗な奥様ですし、お子さんについてもハーフでとても可愛いですね。

〈津市〉現職6人と新人2人による激戦となった三重県議選の津市選挙区(定数7)では、自民公認の新人で元津市議の小林貴虎氏(45)が初当選を果たした。自民は前回選挙で失った津市選挙区の1議席を奪還した。

午後11時半ごろ、津市東丸之内の選挙事務所に当選確実の一報が入ると、集まった支持者から「おお」と歓声が沸き起こった。妻のステラさんと登場した小林氏は「万歳五唱」で喜びを分かち合った。

出典:https://www.isenp.co.jp/2019/04/08/30564/

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は、「小林貴虎の学歴・経歴は?wiki風プロフで紹介!結婚や妻や子供・家族高構成は?」でお送りしました。

小林貴虎議員がネット上に同姓カップルの氏名や住所を晒してしまったことが話題で批判の声が多数ですが、小林貴虎さんの印象は正直な方という感じです。

ネット上には自身の出生地、妻の顔画像だけでなくお子さんの顔画像まで載せていることは普通では考えられません。

また、小林貴虎議員は自分の出生地の番地まで自身のHPに載せてしまっているので、プライバシーに関する件はデリケートであると気づかないか、自分自身のプライベートは問題がないと判断して気づけなかったのか、色んなことが考えられます。

奥様はモルドバ人でとても綺麗な方でしたが、大学は帝京科学大学の情報情報科学科を卒業されている小林議員。

大学卒業後は留学、NGOの海外ボランティアも参加していたことも考えられますし、大学で専攻で学んでいた情報科学は詳しく、海外経験もあり国際的な視野も持っていそうなのに、と残念です。

【スポンサーリンク】

 

【スポンサーリンク】